すべて 品種 出金カジノ法案入場料

国民の七割が反対のカジノ法案は廃案に

出金カジノ法案入場料 – 119022

本稿に関して、より詳細な内容や関連資料等をご要望の場合は以下までお問い合わせください。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループでは、Deloitteのグローバルネットワークを活用し、海外事例等を踏まえたIRビジネスに関連する幅広い調査・分析を行っています。 IR(統合型リゾート)ビジネスグループ info-irbg tohmatsu。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

実際のところ、今回成立したカジノ法案では、そのターゲットを海外観光客に絞っています。 もちろん、日本人の利用も可能にはなりますが、ギャンブル依存の抑制の為、週に数回しか利用ができないなどの対策がとられる予定です。 またカジノを利用する際の入場料なども発生することから、気軽な気持ちで通うことができる雰囲気はありません。 カジノができることパチンコを潰す為などの噂がありますが、全く関係ないと考える方が自然です。 パチンコというのは大衆が楽しめるギャンブルとして人気がありますが、賭け金が低いことからカジノと比較しても行きやすさは断然パチンコに軍配が上がるでしょう。 そもそも、カジノゲームと言ってもスロットからビンゴ、ルーレットやカードゲームと幅広くあります。 目的がなくてもつい遊んでしまうのがカジノの魅力です。 その反面、パチンコの場合は目的がはっきりとしていることから、カジノに流れる可能性は著しく低いと予想されています。 カジノが出来ることでパチンコが潰れるなんて言われていますが、その可能性は低いでしょう。 誰でも気軽に行けるカジノならば客が流れる可能性もあったでしょうが、観光客メインですからそれもあり得ません。 入場料を払って遊びたいかどうかと問われれば、そこに対しても「ノー」という答えが返ってくるのではないでしょうか。 カジノができても今ある大衆ギャンブルに関しては衰退する可能性はほぼないと言えます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*