すべて 品種 ゲームの確率計算スリーカードポーカ

スリーカードポーカー(富貴三公)とは?ルール・役・配当を解説

ゲームの確率計算スリーカードポーカ – 500273

まずプレイヤー 自分 に3枚のカードが配られます。 フォールド オリ か勝負かの判断はありますが、 基本的にはディーラーにも配られた3枚のカードよりも自分の手が強かったから勝ちで弱ければ負け だけです。 手札に一定以上の役が出来ていればプラスして配当が貰えたりもします。

テキサスホールデムの確率

スリーカードポーカーはプレイヤー同士ではなく、ディーラーとの1対1の勝負 になります。プレイヤーは参加する際にアンティ(参加料)を払います。プレイヤーは自分が勝つかどうかに賭けるアンティの他に、自分のハンドで一定以上の役が揃うかどうかに賭ける「ペアプラス」にもベットすることができます。カジノによって変わりますが、アンティを支払わずにペアプラスのみにベットして参加することも可能です。アンティとペアプラスの両方に賭けることもできます。 ディーラーには裏向けに、プレイヤーには表向きに3枚ずつカードが配られます。スリーカードポーカーではカードの交換ができないため、この時点でプレイヤーはこのまま続ける(プレイ)か、降りる(フォールド)を選びます。プレイベットする場合はアンティと同額を賭けます。プレイベットは同額と決められているため、アンティより増やしたり減らしたりはできません。フォールドの場合、アンティは戻ってきません。 この時点でペアプラスの配当が決まりますので、ペアプラスのみに賭けていたプレイヤーはここで終了となります。 プレイにベットしたプレイヤーはディーラーとの勝負になります。この時、ディーラーはクイーンハイ(ノーペアかつA、K、Qのいずれかのカードがある状態)以上の場合のみ勝負をします。この条件を満たしていなければ、ディーラーは勝負を降りなければなりません。ディーラーが勝負を降りた際はプレイヤーに対してアンティと同額のチップが支払われますが、プレイにベットした分は引き分け扱いになり、配当を受け取ることができません。 ディーラーがクイーンハイ以上を持っている、かつプレイヤーのハンドがディーラーより強かった場合にプレイベットの配当を受け取ることができます。 ノーペア…1:1(2倍) ペア…1:1(2倍) フラッシュ…1:1(2倍) ストレート…1:1(2倍) スリー・オブ・ア・カインド…4:1(5倍) ストレートフラッシュ…5:1(6倍)。

ロイヤルストレートフラッシュの確率

スリーカードポーカーの役の強さについて ストレートフラッシュ>スリーカード>ストレート>フラッシュ>ペア>エースハイ>キングハイ>クイーンハイ>ノットクオリファイ。 出し方は全部のパターンをエクセルで表してみました。 こちらの画像 のoのところがクイーンハイです。 このゲームで ペア以上が出る確率は25。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*