すべて 品種 確率事象カードカウンティングのブラックジャック

ブラックジャックのカウンティングとは【勝率や期待値、練習方法も】

確率事象カードカウンティングのブラックジャック – 229243

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。

ブラックジャック攻略、実践で使える確率データ&カウンティング

カードカウンティングというのは、 独立事象 ではないゲームであるブラックジャックなどで用いる攻略法として知られています。 そしてある程度回数を重ねていき、その合計がプラスの値ならばプレイヤー側に有利だと判断して賭金を多めに張ります。 なぜプラスだと有利だと判断するのかと言いますと、今の合計の値がプラスという事は「2、3、4、5、6」のカードが既に多目に出たという事なので、残りのカードにエース や 10、あるいは絵札などが多く含まれている可能性が高いという事が分かると思います。 又、絵札が山に多いという状況もプレイヤーにとって有利に働きます。なぜならディーラーは17 までは必ずヒットしなければならないルールになっているのでバーストの確率が高くなるからです。同時にブラックジャックが完成する確率も高い状況なので前述しましたようにプレイヤーに有利です。

ONLINE CASINO RANKING

例えば、ルーレットで5回連続赤に玉が落ちる確率は、0などの特殊な状況を除くと、おおよそ 0。 ギャンブラーズファラシーとは、「本来独立である試行を、非独立に考える」と いう意味で用いられてきました。しかし、本記事ではさらに踏み込んで、「アイディアの実現可能性」ということも含めて、このギャンブラーズファラシーについて考えていきたいと思います。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*