すべて 結果 マスターカードフェイスブックゲーム

FB「リブラ」に大打撃、ビザやマスターカードも離脱を表明

マスターカードフェイスブックゲーム – 992647

マスターカード(Mastercard)、ビザ(Visa)、ペイパル(Paypal)、他4企業がリブラ(Libra)のコンソーシアムから脱退したのは、 フランス と ドイツ がグローバルな「ステーブルコイン」仮想通貨プロジェクトの阻止に動き、 アメリカの議員 がリブラ参加団体に厳しい警告を発した後のことだ。これは、リブラを創設したフェイスブック(Facebook)にとって大きな失点以上のものであり、依然として比類ない政府の力を思い起こさせるものでもあった。ビットコイン革命から10年が経ったが、貨幣に対する国の独占に挑むのは非常に困難な状態が続いている。

日本ではいつから使える? 法的な扱いは各国で議論の真っ最中

これらの企業が離脱したことで、リブラ協会への参加を表明している企業は23社となった。フェイスブックは リブラの計画 を今年の6月に発表した。発表時には、フェイスブックの他に、ビザやマスターカード、ペイパル、ウーバー、スポティファイ(Spotify)といった大手企業を含む27の企業が、フェイスブックがリブラの発展・維持のためにスイスに設立したリブラ協会への参加に署名したことも併せて発表された。フェイスブックは、来年を予定しているリブラの立ち上げまでに、参加企業数を28からにまで増加させるとしていた。 しかし先週、参加企業のうち数社が同協会からの離脱を検討しているという噂が浮上した後、 ペイパルが最初に離脱を宣言した 。そして今、大量離脱の雰囲気が漂い始めている。 リブラの構想は、世界中の政策立案者や中央銀行から冷ややかな目で見られており、そのことも参加表明企業の離脱を後押ししている可能性がある。7月、フェイスブックでリブラ計画を率いるデビッド・マーカスは、リブラに懐疑的な姿勢を示す米国の政策立案者たちから 集中砲火を浴びた 。フランスとドイツは、 リブラを阻止することで合意した 。 ウォール・ストリート・ジャーナル紙 によると、リブラ協会の立ち上げメンバー(のうち離脱していない企業)は、10月14日にスイス・ジュネーヴで会合を開き、憲章の確認と理事の任命をすることになっている。フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは、10月23日に下院金融サービス委員会でリブラに関する証言をする予定だ。

【仮想通貨】リップル最新情報❗️VISAとマスターカード、フェイスブックの仮想通貨リブラへの支援を💹

「リブラ」はまだ終わらない。間違いなく希望がある。

1218. YOUTUBE R 1.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*