すべて 結果 ゲームの流れハロウィンスロット

マジカルハロウィン7

ゲームの流れハロウィンスロット – 323561

目次 読みたいところまで飛べます。

繧ュ繝」繝ウ繝壹・繝ウ縺翫h縺ウ霑ス蜉諠・ア

マジカルハロウィン2 は、 年 1月に KPE から発売された パチスロ 機( 5号機 )であり、 年 7月に発売された「 マジカルハロウィン 」の後継機である。 保通協 における型式名は「マジカルハロウィン2A」。略称「 マジハロ2 」。 初代機同様に着実に設置台数を増やし、約店舗(年5月時点、 P-WORLD 調べ)に設置され、KPEの代表作となった。 マジカルハロウィン - マジカルハロウィンR - マジカルハロウィン2 - マジカルハロウィン3 - マジカルハロウィン4 - マジカルハロウィン5 - マジカルハロウィン6 (5。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』。

荳肴・縺ェ轤ケ縺後≠繧句エ蜷・

マジカルハロウィン は、 年 7月に KPE から発売された パチスロ 機( 5号機 ) [1] 。及びこれを原作とする同シリーズ作品群の総称。略称は「 マジハロ 」。 パチスロメーカーとしては後発といえる KPE だが、上記の特徴から着実に設置台数を増やし、約店舗(年1月時点、 P-WORLD 調べ)に設置され、名実共にKPEの代表作となった。以降、シリーズ化が行われている。 基本的にはART・RTで出玉を微増させつつ、ボーナスで出玉を増やしていくタイプである。小役との同時抽選対象役はスイカ、共通9枚役、リプレイの3つ。スイカが最もボーナスに当選しやすく、当選した場合はBIG BONUSが確定、更に後述のカボチャンス(ART)にも当選しやすい。また、ボーナス単独当選もある。 カボチャンスに当選しなかった場合はBONUS終了後 RT の カボチャレンジ に必ず突入し、ナビ無しによる自力昇格のチャンスとなる。1Gあたりの純増枚数は0。 詳細は マジカルハロウィン2 を参照。

機種紹介・ゲームの流れ

メーカー:KPE 設置開始時期:年2月22日 種別:パチスロ。 まずは左リール枠内に7番のチェリーを狙う 青7を目安に 。 ・左リールにチェリーが停止 中・右リールともにテキトー押し。 右リール上段or下段にチェリーが停止or右リール中段にボーナス絵柄停止で強チェリー。 それ以外の停止型は弱チェリー。 左リール中段にチェリー停止時は中・右リールともにテキトー押し。 ・左リール下段に青7が停止 中・右リールはテキトー押し。 ベル小V停止or中段リプレイハズレはチャンスリプレイ。 ・左リールにスイカが停止 中リールにスイカを狙い 7絵柄を目安に 、右リールはテキトー押し。 スイカに強弱のパターンなし。 スイカテンパイハズレはBIG確定のリーチ目。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*