すべて 基本 を選ぶべき理由アカウント凍結

YAHOO!ニュース

を選ぶべき理由アカウント凍結 – 394995

その理由はずばり、 Twitterのアカウントは、13歳以上でなければならない と、年5月25日に改定された「 Twitter サービス利用規約 」で定められているからです。

なぜ、凍結されたのか?

前回記事 では、Instagramアカウントの開設方法をご紹介しました。今回は、公式アカウントとして使っていくため、「プロアカウント(旧名:ビジネスプロフィール)への切り替え」や「適切なプロフィール画像の設定方法」を解説します。

メールマガジンのお知らせ

現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。 ところが、こうした批判は「宇崎ちゃん」献血ポスターのときと同じく、「オタク」たちの反発を招いた。パネルの一部への批判が、作品それ自体への批判であると解釈され、明らかな性的なコードを否認し、けして問題はないと言い張る。要するに、「宇崎ちゃん」記事でも書いた、不誠実な「否認」が起こったのだ。  当然ながら、筆者は「ラブライバー」と呼ばれる同作品のファンが、すべて不誠実で悪意ある存在だと思っているわけではない。熱心なファンの中にも、そのパネルを含め『ラブライブ!』の公式が性的消費の方向に傾いていることを憂いている者も多くいたことを知っている。筆者もアニメについては好んで視聴しており、その作品傾向から、必ずしも性的消費に肯定的なファンばかりではないことも理解している。特に無印映画を鑑賞しに行ったとき、小学生ぐらいの女の子と母親の二人連れが多かったのが印象に残っている。  しかし、これもまた当然ながら、ファンの中にも極めて強い悪意を持つ人物もいるであろうし、またファンでなくとも、このパネル炎上に便乗して自分の悪意を達成しようとする人物もいてもおかしくはない。同パネルは、設置場所である「ららぽーと沼津」に苦情が入ったらしく、現在では撤去されているが、パネル批判者たちへの凍結は、いわば「表現の自由」への弾圧は、そのあたりから始まっている。これはけして偶然ではないだろう。 もちろん、何らかの言論活動を行う上で、悪意ある人物から何らかの嫌がらせを受けることは、リスクとして引き受けるべきかもしれない。問題は、その嫌がらせをあっさりと実行してしまうTwitter社の対応だ。上述の通りTwitterにおいては、著作権侵害で凍結された場合、それを覆すのには莫大なコストがかかる。確かに著作権侵害を気軽に出来なくすることは重要だ。しかしそうであるならば、実在の人物の名を借りた明らかな偽名、明らかに存在しない会社からの虚偽申請に対しては、厳しい審査により事前にそれを跳ね付けることを徹底するべきではないのか。このような適当な審査が続く限り、いつでもだれでも、気に入らない人物を凍結させることは可能だろう。果たしてそれが、あるべきSNSの未来だろうか。  DMCAではないが、以前筆者は別の案件でTwitter社からロックされたことがある。それは差別問題だ。筆者が直接的に発言したわけではなく、筆者がレイシストの差別発言を引用し批判したツイートの、差別発言の部分が、違反とされたのだ。そのロックはすぐ解除できたからよいものの、一方でいくら差別発言を繰り返しても一向に凍結されないアカウントがあることも周知の事実だ。  いまや、Twitterは単なる私企業のSNSサービスではなく、政治・経済・文化、様々な領域にわたって、市民生活の重要な一部となっている。いわば一種の公共財なのであり、その運営に対しては、高い公共性が求められるはずだ。アカウントの凍結という重大事について、不公正かつ悪意がまかり通るような対応は、けして許されてはならないだろう。

ビジネス用のプロフィール「プロアカウント」って何?

Twitterの大きな誤解、それは、 フォロワー至上主義。 正直に言って、フォロワーの数はそんなに重要ではありません。フォロワーが多いほうがアカウントが凍結されにくくなるので、ぶっちゃけフォロワーの数についてはたいして価値がありません。 最初はフォローをされたらパーセント返していました。外国人であろうと、Twitterには翻訳機能があるから大丈夫。本当に機械のように 誰彼構わずフォローバック していました。やがて私のタイムラインはアラビア語で埋め尽くされていきました。アラビア語圏の人は、Facebookのように、「おすすめユーザー」に出てきたアカウントをフォローするといわれています。彼らが悪いわけではもちろんないのですが、そういう文化です。だから一人アラビア語のアカウントにフォローされると、連鎖的にフォローされていきます。1日に50人になることもしばしば。それをフォロバすることには限界があると気づいた私は、 私が読める言語 (日本語、英語、イタリア語) の人しかフォロバ しなくなりました。 日本語のアカウントだけでもたくさんフォローされるようになり、私が少しでも気になったら自分からも安易にフォローしていたので、 自然とフォローもフォロワーも人程度のアカウントになりました。 これが本当に使いづらいのです。 基本的に、 相互フォローする人というのはタイムラインを追っていない (追えていない?)のです。ツイートを見てもらえる数は増えても、反応(いいね、リツイートなど)が来ないのです。来ないことが不満というわけではありませんが、これではTwitterはただの独り言発信ツール。有益な情報が受信できるわけでもなく、有益な情報を送信してもフォロワーには届かない。 こうして私は相互フォローをやめました。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*