すべて 基本 高額勝利情報プレミアムサンデー

セレクションセール 2014高額取引馬(1歳)|せり特集|競馬情報ならJRA-VAN

高額勝利情報プレミアムサンデー – 896078

父はこの春に大ブレイク。オークスをヌーヴォレコルト、日本ダービーをワンアンドオンリー、安田記念をジャスタウェイが制した。とくにジャスタウェイは3月の海外遠征でドバイデューティフリーを圧勝。IFHA(国際競馬統括機関連盟)から130ポンドの評価が与えられ、現在世界一の座についている。晩成型の中長距離タイプで、サンデー系らしく末脚勝負型が多い。 母は現役時代3戦未勝利。初仔エイシンキンチェムは新馬-ダリア賞を連勝し、兵庫チャンピオンシップで4着。その全妹で3番仔エイシンオルドスは新馬-りんどう賞を連勝し、ファンタジーS4着。繁殖牝馬としては仕上がり早の良駒を送り出して成功している。本馬の父ハーツクライは晩成型の傾向がうかがえるので、母方から仕上がりの早さを取り入れた配合は魅力的だ。 母の父は米国産。北米で16戦5勝。ダ6~7ハロンのG3を3勝したほか、ブリーダーズCスプリント(G1・ダ6ハロン)でクビ差2着と健闘した。種牡馬としては仕上がりの早さとスピードを武器に成功を収め、アメリカだけでなくヨーロッパでもフィンシールベオ(英・愛ギニー)という大物を送り出した。芝・ダートを問わずスピードを発揮する日本向きの種牡馬だ。

プレミアムテーストの競走成績

ネット投票 ログイン。 お問い合わせ / FAQ。 競馬メニュー 競馬メニュー トップ。 今週の開催情報 開催お知らせ 出馬表 レーシングカレンダー オッズ 払戻金 レース結果 特別レース登録馬 競走馬検索 馬場情報 今週の注目レース 達成間近な記録。

厳選予想 ウマい馬券

父は~11年の二年連続で日本リーディングサイヤーに輝き、今年もディープインパクトと首位争いを展開している。配合の選択肢は広く、さまざまな系統に合うのが特徴だが、その中で最も活躍馬が目立つのがサンデー牝馬との配合。ローズキングダム(ジャパンC)を筆頭に、トゥザグローリー(京都記念)、ソリタリーキング(東海S)といった重賞勝ち馬が相次いでいる。 母は入着馬。半兄のナックルパートは立川特別(ダm)など3勝。近親にホーセンルビー(内外タイムス杯)、ヨシサイバーダイン(ジューンS、新潟2歳S2着)、現役で活躍中のウインペンタゴン(赤富士S)がいる。重賞勝ち馬は見当たらないが、そのかわりコンスタントにオープン級を出すのがこの母系の特徴。いずれ大物が誕生する気配が漂う。 母父は日本に血統革命をもたらした歴史的な名種牡馬。母系に入ってもその影響力は絶大で、日本ブルードメアサイヤー・ランキングの首位を独走中。ミスタープロスペクター系の種牡馬との相性の良さを、早くにエルコンドルパサー、エンドスウィープらが示した。同系のキングカメハメハもやはり相性がいい。ローズキングダム(ジャパンC)を筆頭に重賞勝ち馬を量産中だ。 父は皐月賞を勝ち、古馬になって天皇賞・秋、マイルCS(2回)、安田記念を制した。初年度産駒は昨夏デビューしたばかりだが、ディープインパクトと2歳リーディングサイヤーの座を最後まで争う大健闘。その勢いを3歳戦に持ち込んで、カレンブラックヒル(NHKマイルC)を筆頭に活躍馬が相次いだ。仕上がりの良さ、スピード、パワー、頑健さ、成長力を産駒に伝える。 半姉のシシャモチャンは基坂特別(芝m)など3勝。祖母は重賞の京都4歳特別を含めて7勝。繁殖血統としても優秀で、産駒のホクトジョージ(NHK杯2着)、ホーマンスピリット(マーチS2着)は重賞を勝てなかったが、孫にカルストンライトオ(スプリンターズS)を出した。後継牝馬の多くが、活気ある支流のすそ野を広げており、名牝系中興の祖となりつつある。 母父はミスタープロスペクター系の成功種牡馬。仕上がりの早さと成長力、スピードとパワーを兼備し、芝、ダートの両面で重賞勝ち馬を数多く出した。母父としてもレッドアゲート(フローラS)、コパノフウジン(福島民友C、京阪杯2着)、ホッコーソレソレー(オパールS、鳴尾記念3着)らを出している。サンデーサイレンスの後継種牡馬と相性が見込めるのが魅力だ。 父は~11年の二年連続で日本リーディングサイヤーに輝き、今年もディープインパクトと首位争いを展開している。配合の選択肢は広く、さまざまな系統に合うのが特徴だが、その中で最も活躍馬が目立つのがサンデー牝馬との配合。ローズキングダム(ジャパンC)を筆頭に、トゥザグローリー(京都記念)、ソリタリーキング(東海S)といった重賞勝ち馬が相次いでいる。 曾祖母は米7勝。サイレンススズカ(宝塚記念)、ラスカルスズカ(万葉S、天皇賞・春2着)を出して名繁殖牝馬の地位を築いた。祖母も2勝馬ながら、スズカドリーム(京成杯)を出している。近親にはベニーザディップ(英ダービー)ら欧米の活躍馬が多数。母は1勝馬だが、競走成績が下級でも繁殖牝馬として期待できるのが、この母系の特徴。可能性は十分に秘めている。 母父は日本に血統革命をもたらした歴史的な名種牡馬。母系に入ってもその影響力は絶大で、日本ブルードメアサイヤー・ランキングの首位を独走中。ミスタープロスペクター系の種牡馬との相性の良さを、早くにエルコンドルパサー、エンドスウィープらが示した。同系のキングカメハメハもやはり相性がいい。ローズキングダム(ジャパンC)を筆頭に重賞勝ち馬を量産中だ。

高額勝利情報プレミアムサンデー – 660965

払戻金ランキング(ワイド)

My - BIG.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*