すべて 基本 ゲーミングクラブ横浜誘致IRカジノ

横浜市 IR誘致で市民説明会開催

ゲーミングクラブ横浜誘致IRカジノ – 397061

手交後に行われた記者会見で、多くの命が危機にあるときに、まさに不要不急の代物であるカジノIRやオペrハウス事業を中止し、人員を市民の安全対応に充てるよう訴えた。 会見には6社7人の記者が集った。(写真:記者会見)。

【海外版・4/15~4/22のIR記事まとめ】不透明な再開時期 希望はオンラインカジノとeスポーツ : 2/2

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。 現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。

市会議員の仕事について

昨年8月にIR 誘致を表明した横浜市は、都市の新たな成長を創るため「IR」誘致推進のタスクフォース組織、『IR推進室』を都市整備局に設置しました。IR推進室のもとで、林文子横浜市長を先頭に、市民のためのIR説明会を実施し、現状の課題と少子高齢化、人口減少がすすむ横浜市政の課題の共有化を図っていますが、IR事業パートナーが決定しないため現在、市民への十分な説明ができず、理解が得られているとはいいがたい状況です。 市民説明会で十分説明理解が得られない情報も、RFP(プロポーザル)による IRパートナー事業者が決定すれば、詳細なIR 内容を市民に伝えることができます。 昨年来の 市民説明会での漠然とした説明が不信感を増しましたが、それがクリアになり安心と将来に向けた期待もたかまります。 さらに、IR 企業の社会的責任(CSR)の理念や地域貢献(たとえば、環境美化プログラム、交通ネットワーク整備計画、ギャンブル依存症対策、治安対策、芸術文化支援ならびに若者教育支援プログラムなど)の 都市型IRプログラムが示され、将来の横浜の成長の姿が実感できます。 わが国ではギャンブルに対し国民は強い拒否反応を示します。主にパチンコという形で行われるギャンブルは、社会に広く普及しており、収益は年間20兆円にものぼります。国内にはおよそ1万店のパチンコ店があり、生活保護受給者が出入りしているせいか、きわめてパチンコに関して日本社会での評判はよくありません。パチンコ店ではゲーミング以外のサービスはほとんど皆無でギャンブル対策には無責任です。ギャンブラーたちは「中毒者」としてみられ、ギャンブルが地下犯罪組織とつながっているとみられています。私たちは、分からないものを恐れる傾向があり、だから日本国民がIR を拒否したがる傾向にあると思います。「IRが何であるか」を本当の意味で理解をせず、ギャンブルが関係していること、そして「ギャンブルは悪い」ことは知っているため反対の声はとどまりません。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*