すべて 基本 銀行送金楽園リゾートカジノ

エミレーツ航空 ファーストクラス スイート A380 [成田→ドバイ→ヨハネスブルグ] 南アフリカ&モザンビーク1

銀行送金楽園リゾートカジノ – 4735

はじめまして。今回のプロジェクトオーナーの杉本と申します。みなさんはフィリピンにある パラワン と呼ばれる島をご存知ですか?日本ではまだまだ有名ではない場所ですが、世界的にも有名になりつつある島で、特にヨーロッパ諸国から多くの観光客が訪れています。大手観光雑誌等でも何度も 世界で最もきれいな海 としてランキング1位を得ている場所です。

インスタントバンキングカジノで出金するように何をすればいいの?

そもそも、トランプ大統領から、彼の選挙を応援した最大の資金提供者シェルドン・アデルソンを紹介されたからである。彼はトランプが大統領選に立候補した時、選挙資金として万ドル寄付をしたことで有名である。  アデルソンはラスベガス・サンズの創設者兼CEOである。急成長を続けるそのビジネスから、彼は毎日平均32億ドルの収入を得ており、現在の保有資産は億ドルという。その内の億ドルは年に取得したマカオとシンガポールのカジノからの収入である。  その彼が、新たな収入源として日本にもカジノを作らないかと安倍首相に提案したのである。  そういう曰く付きの前段階の事実が日本はほとんど伏せられたまま、「統合型リゾート施設建設」の話が広がった。そして、あたかもカジノを誘致すれば、日本各地にラスベガスのような楽園産業が開花するかのような夢が一人歩きし始めたのである。  こうしたタレコミの話の場合は、確かに見栄えは良い。  だが、それだけに、一度きちんと話の確実性を検証してみる必要がある。 そこで、私はIRの確実性を検証して見た。  では、カジノを誘致すれば「地域産業」の活性化につながるか?  答えは「NO! では、どのようにしてラスベガスは繁栄を極めるかのような不夜城になったのか?  答えは、賭博に来る観光客がカジノに入る前に使う運試しの賭博金と、カジノで幸いに儲かった幸運な客がカジノ後に使う豪遊代と、あとは到着したばかりの客が賭け事を始める前夜のお楽しみとして娼婦を買う際の売春料金である。  地元に落ちる金銭はせいぜいレストランの調理人、配膳人、ウェイトレス、または客室を整えるベッドメイキングの清掃婦へのチップ、並びにポーターやガードマンの日当である。  これに匹敵する日本の産業はパチンコや各種遊技場である。いずれも地域の発展にはそれほど寄与していない。利益を得るのは盛り場の各種ビジネスであって、地域産業ではない。  日本でも、こうした遊興産業は、江戸時代の遊郭であった。周囲の江戸下町とは塀で隔離された区画であった。政府が取り締まる対象にしてた経済活動ではあったが、町民一般が勝手に着手できる活動ではなかった。  パチンコもカジノも射幸心をそそる。基本的には賭博場なのである。負ける人々を犠牲にして金銭を吸い上げるシステムである。宝くじはまだしも、カジノは公的に身を乗り出して拡大すべき経済活動だとは、私には思えない。 ロスアンジェルス市の南に「ガーデナGardena」という町がある。現在人口5万八千人。私がいた当時はせいぜい1万人ほどであった。  ここは日系1世の人々が住んでいたこともある。  周囲の農家が廃ったこの町の現在のビッグビジネスは45年前にも営業していたカジノである。私が住んでいた年当時は小さなカジノであった。現在は従業員人のハッスラカジノ。現在はもう一軒増えて、ノルマンディー・カジノ、こちらは従業員人である。 しかし、カジノが2軒もあるが、とても町の経済を潤す規模ではない。 そもそも米国ではカジノ営業が許可されているのはアメリカ・インディアンの特別居住区であって、一般の市中ではカジノ営業は認められていない。なぜ米国先住民の居住区にはカジノ営業が認められているのか?といえば、彼らの多くは政府からの生活保護に依存し、教育水準も低く、独立して事業をしようという気風に欠けているからである。彼らにしてみれば、白人たちは自分たちの土地に侵入し、勝手に町をつくり、勝手に山野を切り開いた。だから、白人たちが自分たちの生活を保証するのは当然だ、ということなのであろう。  そこには先住民の生活保護手段としてのカジノ営業許可という、米国の裏事情がある。

ベラジョンカジノへの入金に関して

今回は現地ツアーに直前で飛び入り参加。 一人ペソ。(円程度) ただし、デポジット(頭金)ペソを事前に銀行振込せねばならず、若干手間でした。 日本であればネットバンキングでちょちょいなんですが、 海外ではそうもいかず銀行窓口で初の振込、 でも意外に簡単。あっけなかった。手数料もかからないし。 さて、 夜明け前の早朝3時なんていう、とんでもない時間にEDZAのジョリビーにて全員集合。 ネットで調べたら、こちらのジョリビーは23時までとあったので、やむなく危険を顧みず、酔っ払い客が乗り込むジープニーで時間通りに向かったのですが・・・ (深夜過ぎてタクシー捕まらず)。 蓋を開けてみたら目を疑う24時間営業。 公式HP、何やってんだ。 こんなことなら、はじめから早めにジョリビーに到着して暇を潰していたのに…ショック。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*